So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

【注目】清原和博 容疑者の本音を垣間見た!故永谷脩スポーツライター [スポーツ]

今や、清原容疑者となってしまった、元スター選手。

E6B885E58E9FE5928CE58D9AE3818AE9818DE8B7AF2-04bd1.jpg
http://sokuhou-news.com/kiyohara_kazuhiro-181

いったい、いつから何処で変わってしまったとのかとの声が止まない
清原容疑者ですが…2年目に、彼がインタビューでもらした発言に、彼
の本音が垣間見えたのかもしれません。



清原容疑者が、入団2年目に専門誌「Number」に、聖地〝甲子園〟
への心境を熱く語っていました。
このインタビューの聞き手こそ、スポーツライターの故永谷脩氏です。

彼こそ、野球人の本音・人物像といった、脚光をあびている野球選手の
知られざる核心を描いた『白球水滸伝』を連載してきた、スポーツ
ライターです。
2014年6月12日に68歳という年齢で、急性骨髄性白血病により帰らぬ人
となります。
この葬儀には、清原容疑者も参列しています。

永谷さんは、インタビューの冒頭で。清原容疑者に「PL学園時代とは
何だったのか」と彼に質問します。

20160203-00010003-trendnewsn-000-view.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-0001000...

その質問に対する答えが…
「野球だけでした。でも、それは間違っていたとは思っていません。
僕から野球をとったら何も残らない。野球をやっていなかったら、極道
にでもなっていたかもしれないな」

高校野球をやっている青年にとって、高校時代が野球だけというのは、
そんなに驚く答えではありません。
ただ、そうでなければ極道という回答に、疑問を抱かざるを得ないですよね。

実際、インタビューした永谷さんも、真意は分からないが誤解を招くような
回答を悪びれずに言えるのは並大抵の若手選手ではないと言っていました。

清原容疑者は、インタビューの中で、昭和60年の夏の甲子園優勝についても
饒舌に答えていたそうです。
「あの試合(決勝の宇部商戦)に限っては清原のPLだったと」
「桑田は優等生だから、スタートが悪くても外されない」
と長年の桑田に対する思いを正直に話していました。

よく言われるのが、清原容疑者の入団当初つまり西武時代です。
何故、清原容疑者にプロとしての教育をしっかりしなかったのかということです。
当時の監督で、西武の常勝軍団を作った森祗晶氏は、未だノーコメントです。

森祗晶氏には、野球を教えても、社会人としての常識を教えなかった代償との批判も
出ています。

薬の使用は、巨人時代からだとか、いろいろその開始時期などがスクープされています。
しかし、いつから始めたとかの議論の前に、彼が精神的には野球には純粋だが、時には
甘えん坊で当時の10代と全く変わらない未熟な青年だった時に、なぜもっと教育
出来なかったのかが、問われるべきかもしれませんね。

勿論、当事者の清原容疑者が、これからプロを目指して彼を目標にしてきた子供達の為に
自分の影響力を帰り道に、悔い改めることが、一番であることは変わりありませんが。

冒頭の宇部商との決勝戦を、スコアブックを夢中につけながら見ていた、当時中学生の
自分も、あのKK時代を大切に心に残したい一人です。


https://youtu.be/SgDcBxJdZnI

いったい、いつから何処で変わってしまったとのかとの声が止まない
清原容疑者ですが…2年目に、彼がインタビューでもらした発言に、彼
の本音が垣間見えたのかもしれません。

清原容疑者が、入団2年目に専門誌「Number」に、聖地〝甲子園〟
への心境を熱く語っていました。
このインタビューの聞き手こそ、スポーツライターの永谷脩氏です。

彼こそ、野球人の本音・人物像といいった、脚光をあびている選手の
知られざる核心うぃ描いた『白球水滸伝』を連載してきた、スポーツ
ライターです。
2014年6月12日に68歳という年齢で、急性骨髄性白血病により帰らぬ人
となります。
この葬儀には、清原容疑者も参列しています。

永谷さんは、インタビューの冒頭で。清原容疑者に「PL学園時代とは
何だったのか」と彼に質問します。

その質問に対する答えが…
「野球だけでした。でも、それは間違っていたとは思っていません。
僕から野球をとったら何も残らない。野球をやっていなかったら、極道
にでもなっていたかもしれないな」

高校野球をやっている青年にとって、高校時代が野球だけというのは、
そんなに驚く答えではありません。
ただ、そうでなければ極道という回答に、疑問を抱かざるを得ないですよね。

実際、インタビューした永谷さんも、真意は分からないが誤解を招くような
回答を悪びれずに言えるのは並大抵の若手選手ではないと言っていました。

清原容疑者は、インタビューの中で、昭和60年の夏の甲子園優勝についても
饒舌に答えていたそうです。
「あの試合(決勝の宇部商戦)に限っては清原のPLだったと」
「桑田は優等生だから、スタートが悪くても外されない」
と長年の桑田に対する思いを正直に話していました。

よく言われるのが、清原容疑者の入団当初つまり西武時代です。
何故、清原容疑者にプロとしての教育をしっかりしなかったのかということです。
当時の監督で、西武の常勝軍団を作った森祗晶氏は、未だノーコメントです。

森祗晶氏には、野球を教えても、社会人としての常識を教えなかっ代償との批判も
出ています。

薬の使用は、巨人時代からだとか、いろいろその開始時期などがスクープされています。
しかし、いつから始めたとかの議論の前に、彼が精神的には野球には純粋だが、時には
甘えん坊で当時の10代と全く変わらない未熟な青年だった時に、なぜもっと教育
出来なかったのかが、問われるべきかもしれませんね。

勿論、当事者の清原容疑者が、これからプロを目指して彼を目標にしてきた子供達の為に
自分の影響力を顧みて悔い改めることが、一番であることは変わりありません。

冒頭の宇部商との決勝戦を、スコアブックを夢中につけながら見ていた、当時中学生の
自分も、あのKK時代を大切に心に残したい一人です。

最後まで読んて頂きありがとうございました。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。