So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

徳永英明 がブログで、退院報告! 「もやもや病」の手術から40日 [音楽]

脳の血管に起こる病気「もやもや病」のため、2月に手術を受けた
徳永英明さんが、今月11日に退院したことを、14日自身のブログで
報告しました。

EFBE86EFBE81EFBDB1EFBE8AEFBDB1EFBE91EFBE8CEFBE80.jpg
http://laughy.jp/1416796897371169432

ブログでは、お世話になった方々への感謝の言葉と現在は静養中
であることを綴っていました。

今月までは、じっくり静養し、来月から仕事復帰をするようです。

徳永さんは、自身の抱える「もやもや病」について、これからも
長く付き合っていかなければならない病気であろことを、最後に
語っていました。

あまり聞き慣れない徳永さんの「もやもや病」を調べてみました。

【もやもや病とは】

index_il01.gif
http://neurosurgery.med.u-tokai.ac.jp/edemiru/moya...

もやもや病とは、脳に栄養を送る一番太い血管が何らかの異常で、
細くなってしまい、脳に行く血液が減ってしまうので、それを
補うために、周囲に新しい細い血管がたくさん集まり、それが
煙のもやもやのように見えることから、このような病名になりました。

病名で、日本語が使われる場合は、水俣病や橋本病など固有名詞が
ほとんどですが、この病気は状態を形容する言葉が、そのまま
世界的に通用する名前となった珍しいケースです。

この病気は、厚生労働省から難病指定を受けています。

もやもや病は、欧米人よりもアジア人の方が多く、また男女比
で言うと、女性の方が多い病気です。
また、この病気は症状が出ない場合もあり、それを含めると
年々増加傾向にあるそうです。
症状が出ている人は、10万人あたり6~10人ぐらいです。
年齢では、5~10歳、50~60歳と世代が分かれるのも
特徴的です。

幼児期に出る症状は、頻繁に起こる頭痛・痙攣・失神などです。
成人の場合は、上記の症状に加えて、細い血管が破れて脳出血
を起こすこともあるそうです。

また、進行性の病気で、完治は出来ないそうです。
徳永さんの、末永くお付き合いしなければならないと言っていた
のも、このことだと思います。

治療方法は、薬を使って血液を流れやすくする方法と、脳梗塞
や脳出血を予防するために、手術を行う方法があるそうです。

ある脳神経外科医の先生は、今回の徳永さんの手術は、歌手活動
や日常生活に支障が出ないように行ったものではないかと言って
います。

きちんと治療すれば普通の生活を送ることも十分可能な
ようです。

なので、現在静養をされている徳永さんも、焦らずにじっくり
と病に向き合っていく、心構えなんですね。

徳永さんの独特の声、声量には体力が十分整わないと難しいと
思います。
病気にも、そして徳永さんの万全の声量の為にも、今はたっぷり
と静養を取ってほしいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。