So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

岡田有希子の 命日 、あれから30年です!彼女の残してきた道とは? [芸能]

今日4月8日は、アイドル歌手の岡田有希子さん
が、亡くなられて30年になります。

e0012215_1284599.jpg
http://qunny1130.exblog.jp/9627596/

もう、あれから30年もたったのかと思うと
時のたつのが早いのか、あの時の記憶で
止まってしまったのかと、いろいろ思いを
巡らませます。

命日の今日、毎年必ず多くのファンが彼女が
最後となってしまった、新宿のサンミュージック
前に花を捧げに来る光景がありました。

yjimageEJ0RKDEG.jpg
http://scmjourney.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

もし、生きていれば彼女は48歳です。

そう考えると、やっぱりそれだけの月日が
経つたんだなとも感じます。

若い人達には、岡田有希子さんと言っても
分かる人はいないかもしれません。

しかし、アイドル全盛期だった昭和という
時代において、彼女の存在はAKB48いや、ソロ
として光輝いたアイドルだと、パッと浮かび
ません。

没後30年という日にあたり、岡田有希子さん
の輝きとなぜ早く旅立ってしまったのかを
振り返ってみたいと思います。

【岡田有希子さんとは】

125352453564916117900.jpg
http://topicks.jp/20296

1967年8月22日生まれで、愛知名古屋熱海
出身です。
2人姉妹の次女として生まれます。

中学3年生の時、念願のオーディション番組
スター誕生」の予選会通知を受け取ります。

ところが、担任の先生や家族の猛反対にあい、
決勝大会の出場を諦めます。

すると、彼女はハンストを起こし、食事をとらず
部屋に閉じこもります。

あまりの凄さに父親も見兼ね、ある条件を出します。

芸能界入りの条件として、学内テストで1位、中部統一
模試で学内5位以内、第一志望の向陽高校入学。

とても、これをクリアするのは、不可能である
ことをわかっていて出した条件でした。

しかし、彼女は芸能界入りのために勉強し、
全ての条件をクリアします。

この頃から、彼女の真面目さとひた向きな努力
惜しまない性格が、表れていたと思います。

岡田さんは、向陽高校で学びながら、再び「スター誕生
を受けます。
そして、決戦大会で見事合格します!

そして、事務所は桜田淳子を輩出した「サンミュージック
に所属し、レコード会社は「キャニオンレコード」に
決まります。

合格後、彼女はすぐ堀越学園に転校します。

本名は佐藤佳代子でしたが、当初芸名は岡田佳代子が
有力でした。
しかし、彼女の性格的な弱さを心配していた事務所は、
佳代子ではなく名前を〝有希子〟にします。

「希望を有する」という意味です。

サンミュージック社長の相澤社長の家に下宿して、
芸能活動をはじめます。

歌手デビューを果たすと、当時サンミュージックの先輩
である〝松田聖子〟と比べられ、ポスト松田聖子と
言われました。

しかし、彼女はそれを嫌がり、目標とする歌手は?と
聞かれると「岡田有希子」と話していました。

性格が弱いというより、大人しくも、しっかり自分
というものを強く持っていた女性だったのでは・・・

そんな、彼女の才能はすぐに開花し、「日本レコード大賞」
最優秀新人賞をはじめ、あらゆる音楽賞を
獲得します。

そして、まさにアイドルとしても絶頂だったわずか2年後、
18歳という若さで帰らぬ人となってしまいます。

【なぜ、岡田有希子さんは旅立った?】

当時、人気絶頂のアイドルの突然の悲報に、
世間では様々な憶測が飛び交いました。

一番噂になったのが、ドラマで共演した俳優
峰岸徹さんとの関係でした。

あまりにも歳の離れた男性であり、峰岸さん自身
も彼女のお兄さんのつもりで接していたと語って
います。

没後、育ての親であるサンミュージックの相澤社長が、
彼女の遺書を持っており、そこには純粋なまでの
峰岸さんへの気持ちが綴られていたと、後に語って
います。

峰岸さんとの恋に苦しむ彼女と、彼女の真面目さが
自身を追い詰めてしまった結果の悲しい最後と語って
いました。

峰岸さんも、65歳で肺がんで亡くなられましたが、
ずっと彼女の死を見つめ続けていたと語っています。

【まとめ】

d8e045bc.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140270420996798701

最後のサンミュージックの相澤社長の語りは、2008年です。

しかし、この話でさえ信じる人はあまりいないのでは
ないででしょうか。

冒頭で彼女の生い立ちにも触れましたが、彼女は本当に
一身に芸能界入りを目指していました。

家族、学校に止められても・・・

そんな、彼女が!?という人は少なくないはずです。

実際、その後も岡田さんの母も、彼女の遺書が娘のもの
ではない気がすると言っていました。

岡田さんの最後の死因が、死体検案書では自ら命を絶った
ものではないと記されていたこと、岡田さんの元マネージャー
さんが突然自らこの世を断ったりと、この30年間に様々な
ことが起こっています。

今では当時を知る人も少なくなっています。

もしかしたら、憧れ抱いて入った芸能界があまりも
理想と違っていて、その現実を知ってしまったからでは
など、様々な憶測が30年経った今でも消えません。

これほど、印象に残り未だに彼女の最後を受け入れられない
人がいるほど、彼女の生きた証は大きかったのです。

このような、アイドル歌手はいたでしょうか。

今日という日に、岡田有希子さんのことを振り返って
みました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を読んだ方は、こんな記事も気になっています。
関連記事1:消臭力 のミゲル君がえらい変わりよう! 現在は、どんな?

関連記事2:元近鉄バッファローズの 加藤哲郎選手 覚えていますか?

関連記事3:田中美佐子 のパスタの食べ方が〝変〟 どんな食べ方?

関連記事4:大食いタレント「ジャイアント白田」告白!!大食いすると腸が背中に!?

関連記事5:あの「加勢大周」 覚えていますか?


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。