So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2016年01月 |2016年02月 ブログトップ

春の選抜高校野球 21世紀枠とは?春と夏の甲子園の違い?ちょっと知りたい豆知識 [野球]

いよいよ、春間近です!
ちょっと早いかな。

7.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140798354442220801

でも、一足早く春の選抜高校野球の出場校が
決まりました。3月20日に、開幕します。
32校が選抜され、そのうち3校が21世紀枠で選ばれました.

21世紀枠とは
yjimageW2SH2LTG.jpg
http://www.asahi.com/topics/word/%EF%BC%92%EF%BC%9...

21世紀枠とは、2001年の第73回大会から始まったもので、
これまでの選抜基準とは別枠で野球環境に恵まれなかったり、
文武両道を実践しているなど、高校球児として模範になることを
基準に選ばれるものです。

地元の東京からも、第86回大会に都立小山台高校
選ばれました。理工系の進学校として、大変有名です。
まさに、文武両道の模範ですね。

最近は、都立高校の頑張りがめざましく、夏の大会でも私立に
負けない強さです。
私も、はるか昔に高校球児として、かつては『都立高校の星』を
目指していたので、毎年都立勢の奮闘を頼もしく感じます。

実は春と夏の甲子園は違う

3fb2757e1030866b71942c5b63bddfec.jpg
http://xn--olsz30coxt6eh.com/1344.html

ちなみに、高校野球の春・夏の大会は季節が異なるだけで、同じよう
に思われる方も多いですが、実はだいぶ異なります。

我が家のママさんも、野球に励む中学生の息子に影響され、熱狂的な
高校野球ファンですが、知りません(というより、細かいことは気にしない
性格だからかな)。

まず、春は『選抜高校野球大会』、夏は『全国高校野球選手権大会』
と名称が違います。

は、名前の通り、基本的には新チームになった最初の秋季大会の
成績を基準に、高野連(日本高等学校野球連盟)が選考します。

は、各都道府県で行われる予選大会の優勝校が代表として出ます。

出場校の数も、春は32校・夏は49校です。

大会の主催者も異なり、春は毎日新聞・秋は朝日新聞です。

優勝旗の色も、春は紫紺・夏は深紅です。

他に、春の大会ならではのものが、入場の行進曲が毎年異なるところですね。
今年は、西野カナさんの『もしも運命の人がいるのなら』です。
夏は、大会行進曲です(自分は、これを聞くといまだに
熱いものがこみ上げてきます)。

うちのママさんではないですが、知らなくても良いことですが、
知っていると少し見方も変わって面白くなるかなと思います。
野球をやっている息子さんのママなら、先に知っていると
ポイント高いかもです!

最後までお読み頂きありがとうございました。



今年は丙申 [ビジョン]

年が明けたと思ったら、あっという間に月末近し!!
早いですねぇ~
なんか、今年は申年の中でも60年に一度の貴重な丙申(ひのえさる)と言う年だそうですね。
物事がはっきりとした形となり、実になる年のようです。

が、しかし・・・なかなか年明けの情勢は賑やかですね。とくに株式は乱高下すさまじく、ジェットコースターです。成熟する前の嵐なのでしょうか(株式をやっているので、毎日ハラハラです)。

今年は、昨年から勉強している株式トレードを実らせることや、今までやったことがないものへのチャレンジを目標に掲げています。

目標とかビジョンを持つこと、イメージすることって、最近とても大切だと実感しています。

『宝の地図っていう本があります。
3年前に会社をリストラされた時に、ふと本屋で出会った一冊です。
簡単に言うと、大きなボードに自分のこれからしたいこと、やりたいことを達成したかのように写真にして貼り付けて、それを毎日見てゆくというものです。

実際、私もこれをやり始めて3年経つのですが、少しづつですが自分の宝の地図が形になっているのが不思議です。

人間の脳というのは、この地図を現実のものとして記憶するそうなんです(潜在意識に働きかける)。そして、脳はこれを現実として行動にうつすように指示を出すんだとか・・・なので、否定形とかの言葉もNGなんです。
成功者の人達は、夢や目標・ビジョンを強烈にイメージすることが上手いそうです。

かなり大きなボードに、写真を貼り付け毎日見ている姿は、家族にはあやしまれていますが・・・

今年も、丙申にあやかって、宝の地図がまた一つ形になっていくことを楽しみに頑張ってゆきます。

なにしろ、歳を重ねるごとに一年があっという間で!

ふらっと映画 [映画鑑賞]

今日は、映画を観に行ってきました。

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ブリッジ・オブ・スパイ 』です。

スピルバーグ監督の実話をもとにした映画というこで、うずうずしていました。
時間がとれたので、すかさず行って参りました。

米ソの冷戦中に、スパイ容疑で捕虜になった敵国の男性を、弁護士(トム・ハンクス)が弁護を引き受けるといった映画です。

最近は、CGをふんだんに使った非日常的な映画が多く、もちろんそれも面白いですが、今回のような実話を題材にしたシリアスな映画も、とても好きなもので。

派手さはないですが、良かったですねぇ~

心理戦・国は違えど心通える人間の素晴らしさ・家族愛、そういったものが凝縮され、観終った後にじんわりとそうしたものが心に染み渡ってきました。

リアルタイムにドキドキ・ハラハラする醍醐味が、映画の魅力であると同時に、こうした後からじんわりとくるのも、もう一つの映画の魅力と感じます。

それから、主演のトム・ハンクスだいぶ体型にも貫禄でてきたなぁと、感心しちゃいました。

40歳を過ぎて、ダイエットをしても痩せるどころか太っていく自分に、最近危機感を持っていましたが、彼の様な歳に応じた体型とそこから感じる大人の渋さを見ると、痩せることだけじゃないなぁなんて変に自分を納得っさせちゃいました。
風格というか、いかに歳を重ねるかみたいのものが、カッコいいですね。

昔から、映画が大好きで暇が出来ると観に行っちゃうんですが、一時期の映画氷河期を経て、最近はまた少しずつ人気が戻りつつある映画館の状況に嬉しく感じる今日この頃です。

映画館も、昔と比べるといろいろな工夫をされていて、そういう努力がお客さんに届いているなぁと感心します。
月曜日・女性の日・55歳以上の方などへの割引特典など、映画館ごとでいろいろあります。(ただ一つ、私の様な40代オジサン向けの割引が少ないのが残念)

いずれにしても、映画鑑賞は良いですね。心の栄養剤になります。

今度は、ジョニー・デップ主演のブラック・スキャンダルも良いなぁ~なんて思っています。

たまには外食

我が家、久々の外食に行ってきましたぁ.。

共働きで、ママさんも週初めからハードだったらしく、お疲れのようだったので
今日は、久々の外食となりました。

我が家は一人っ子のため、外食となるとついつい大人の意見(ママさんの希望)が優先されてしまいます。
子供の意見を尊重せねばと、いつも思っているのですが、なにせ食べること大好きママさん。
息子の配慮もあり、最終的にはママさんの好きなイタリアンやら行き着けの焼鳥屋さんなど・・・

しかし、今日はママさんから、土日の野球で頑張った息子に選択権をと

おそらく、肉だろう。食べ盛りだし、やっぱり焼肉かな
焼肉なら、あそこのお店かな。ホルモンうまいし・・・(またまた、ママさんの希望がニョキニョキ)

そんな会話をしている中、息子が帰宅しました。

今日は、外食にするよ。好きな物、言いなよ~。

珍しく、いっぱつ回答。
『じゃあ、回転ずし!。』
『えっ好きな物だよ?何でも良いんだよ。』『焼肉とか、パスタとか(ママさん)』
『うん、だから回転ずし。』
『・・・・そうなんだぁ。焼肉とかじゃなくて良いの?』(まだ、くらいつくママさん)
『うん。回転ずしで良いよ。』

トホホ(ママさん)。

結局、回転ずしへ行くことになりました。

まぁ、悪くはないんですがね。回転ずしも。
ただ、育ち盛りの中学生の男の子だけにと思っていただけに、ママさんのあてが外れました。

しかし、最近の回転ずし、凄いですねどんどんメニューが、バラエティーに富んで。
もはや、回転ずしと言うジャンルではないような・・・

驚きは、カレーでしたね。しかも、すし飯で食べるカレー。
しかし、食べると・・・あれっ、いけるじゃない。旨い

結局、親の方がガッツリ食べてました。

回転ずしの人気は、若い世代を惹きつけるメニューの豊富さかと思いきや、中年層には意外性で
はまってしまうのかもしれないですね(笑)
回転ずしは、どこまで発展するのでしょうか。楽しみです。



- |2016年01月 |2016年02月 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。