So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

佐藤浩市さん主演 映画「ロクヨン」の 舞台挨拶で、思わず涙! [映画]

俳優の佐藤浩市さん主演の映画、「64-ロクヨン-」の
完成披露試写会の舞台挨拶が7日行われ、その舞台上で
佐藤浩市さんが目を潤ます一幕がありました。

sponichin_20160307_0126_0.jpg
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/spo...

この日、一般来場者およそ4300人を前に映画が上映されました。
終了後に、来場者のみなさんからのスタンディングオベーション
という、役者冥利に尽きるプレゼントをもらいます。

舞台上の佐藤浩市さんは、その光景を目の当たりにして
「ありがとうございます。感動しています」と目を潤ませました。



続きはこちらです


橋本環奈!同郷の大先輩 武田鉄矢のメッセージに大感激 [映画]

アイドルの橋本環奈(17)が、3月5日から公開される
初主演映画セーラー服と機関銃-卒業-」の舞台挨拶
を行いました。

191312.jpg
http://girlschannel.net/topics/476620/

そこで、芸能界の大先輩であり、同郷の先輩でもある武田鉄也
さんだからこそのメッセージをもらい、感激する場面
がありました。



続きはこちらです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

タイタニックの二人!ディカプリオとケイト・ウィンスレットの素敵なハグの 画像 ! [映画]

タイタニックでディカプリオと共演したケイト・ウィンスレットが
ディカプリオの悲願の受賞を祝う素敵なハグの画像が、心うたれました。

この授賞式で、タイタニックの二人が再開し、あの映画のシーンを思い出させる
情熱的なハグでした。

o-WINSLET-DICAPRIO-900.jpg
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/29/titanic-co...

タイタニックの共演を機に大親友となった二人ですが、ケイトは
この日のディカプリオの受賞に際して、微妙な空気の中で応援していました。



続きはこちらです


【速報】悲願!アカデミー賞受賞のレオナルドディカプリオの人生にせまる! [映画]

第88回アカデミー賞にて、悲願のオスカー獲得をし、その受賞に世界中の
ファンが歓喜の声をあげました。

そこで、レオ様の初受賞に際して、彼の生い立ちをリサーチしました。

yjimage1NWTW8TX.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E...



続きはこちらです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

レオナルドディカプリオ  アカデミー賞 ノミネート5度目にしてついに! [映画]

第88回アカデミー賞にノミネートされていたレオ様こと
レオナルドディカプリオが、主演男優賞を受賞しました!

5度目のノミネートにて、初の受賞になりました。

1696698.jpg
http://jp.sputniknews.com/culture/20160229/1696629...


これまでに、主演男優賞に3回、助演男優賞に1回ノミネートされながら
一度もアカデミー賞を受賞したことがなく、ようやくです。

いやぁ、レオ様本当に良かったですね。

アカデミー賞に嫌われた俳優と言われ続けてきましたが、その汚名も
これでサヨナラです。

今回は、誰にも文句を言わせない万全のかたちで、アカデミー賞をむかえての
受賞でした。

アカデミー賞前の前哨戦となるゴールデングローブ賞を含め4つの祭典で
主演男優賞を制覇し、他を寄せつけない状態でした。

授賞式には、第86回と同様、ディカプリオは母親と登場しています。
こうした席では、珍しいかたちですが、ディカプリオにすれば、この業界に
長くいられるのは、母の努力の結晶であり、親が夢を実現させてくれたので
本当に感謝していると、母への思いをよせています。


今回受賞したディカプリオ主演の映画は、「レヴェナント:蘇えりし者」という
アメリカの西部開拓時代に実在した凄腕のハンターであるヒュー・グラスの半生を
描いた作品です。

同じハンター仲間の裏切りによって、息子を奪われた父が、仲間へのリベンジを
果たすべく、大自然の中300キロという壮絶な旅とその中でのサバイバルを
繰り広げる様子を描いた作品です。

音楽担当は、あの日本の坂本龍一です。

日本公開は、4月22日(金)です。

楽しみですね!

まとめ

これまで、さいさんノミネートされつつも、オスカー獲得を逃してきた
ディカプリオです。

タイタニックの時などは、主役だけがノミネートされないという悲劇でした。

受賞出来ない理由に、よく言われたのが、当時レオ様と言われるほど
アイドルのようなルックスとキャラクターでした。

mig.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2137196026937803901

そのキャラクターが、オスカー獲得には不向きと言われ、彼自信が
それを脱却するまで受賞は無理と言われていました。

容姿で無理というのは、とても理不尽な感じがしますよね。

しかし、ここ数年歳を重ねたディカプリオは、実に
男っぽいというか、中年男性の味わいを持ったというか、もっと
簡単にいうなら渋くなった感じを受けます。

タイタニックの頃のアイドル的な感じは、今はありません。

今回の作品などは、特にそうですね。別人のようです。

Techinsight_20151218_215311_1_s.jpg
http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20151218/Te...


もちろん、敢えてオスカー獲得の為に自分を変えてきたのでは
なく、昔から評判の演技力と彼のこれまでの生き方が積み重なり
出来上がったものだと思います。

ますます、渋くカッコイイ役者になって、映画ファンを
感動させてくれるのではないでしょうか。

レオ様と呼ぶのは、もう卒業でしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。